自分に合った好待遇の男性求人をしっかり探すことが大切

男性求人

深夜業における女性就業率

考え事をしている男性

以前の労働基準法では、女性の就業が禁止されている職種がありました。深夜業や、ボイラー技士などです。今では、毒物を取り扱う職種や、妊産婦に関しての就業制限が残っていますが、ほとんどの職種で女性の就業が可能になっています。しかし、以前の制限の名残で女性の就業が極端に少ない職種があります。鉄道の点検員に関しては、女性の就業者が1.3%程度の男性求人です。
鉄道の点検員の仕事は、主に深夜です。電車が走らなくなった時間帯に線路に異常がないかどうかを点検して回る仕事です。それほど重いものの運搬もないため、女性でも肉体的には就労可能な職種です。このような状態にも関わらず、女性の就業者が少ないのは、深夜業の制限の名残ではないかと思います。ホワイトカラーの職種かブルーカラーの職種かに分ければブルーカラーの職種に分類されます。
従ってブルーカラーの職種で深夜業ということが重なり、女性の就業者が極端に少ない状況になっているのだと思います。これに比して、深夜業でコンビニで働いている女性の方は多いです。理由としては、コンビニの店員が女性の方が男性のお客様が増えるし、コンビニ店員と言う職種がホワイトカラーで重量物の取り扱いが比較的に少ない職種と言えます。

CONTENTS

UPDATE POST

NEW2017年06月13日
絶対安泰な企業という概念はもはや無いを追加しました。
NEW2017年06月13日
深夜業における女性就業率を追加しました。
NEW2017年06月13日
入社希望の会社は30年後の未来が描けるかを追加しました。
NEW2017年06月13日
髪型や髪色自由な男性求人の種類とは?を追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP