自分に合った好待遇の男性求人をしっかり探すことが大切

男性求人

入社希望の会社は30年後の未来が描けるか

腕組み

どんな有名な企業でも、業績を上げて好調に見える企業でも、5年後、10年後はどうなっているか分からないというのが今をとりまく経済状況です。次の一手を打てる、先を読める人が企業から去っていった結果が今の現状なのです。企業が高効率を推し進めていった結果、人的作業は機械、ソフトウエアなどに取って代わり、マンパワーを次々に排除していった結果であるともいえます。
同時に、企業に残ったマンパワーにも高効率を要求し、応えていった人も多くいて、少人数化していった結果が今の企業の姿ともいえます。それらを、きわめて短期間で行なった事により、疲弊した人は次々と企業を去り、または病み、あるいは辞めていったことも多くあり、今の、企業の人手不足という結果となっていると推測します。企業は利益が出る体制となったにも関わらず、人手不足に陥り、倒産の憂き目にあっているケースが多いことは、皮肉なことです。
さらなる利益を求め、マンパワーの求人を行なうならば、企業は賃金の多さ、福利厚生の良さだけを提示しても、若い人はノーと言ってくるだけです。今の若い人は、会社・企業が10年も20年も現状を維持する体制を保ち続けることはムリだと言うことを既に知っています。求人には最低30年後の未来を描けるスケールの大きい人物を採用すべきです。また職を求める人は、そのような考えを持っている企業体質かどうかを見極めて、入社するべきと考えます。

CONTENTS

UPDATE POST

NEW2017年06月13日
絶対安泰な企業という概念はもはや無いを追加しました。
NEW2017年06月13日
深夜業における女性就業率を追加しました。
NEW2017年06月13日
入社希望の会社は30年後の未来が描けるかを追加しました。
NEW2017年06月13日
髪型や髪色自由な男性求人の種類とは?を追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP